トップページ ≫ 近畿支部 放射線研修会 技師認定制度について
概要 学術集会 技師認定制度 FAQ
新規取得について
  • NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構の技術認定B試験に合格していること。
  • 放射線技師、またはX線技師で実務経験が3年以上あること。
  • 3年以上継続して、日本消化器がん検診学会の正会員または支部会員であること。
  • 過去3年間に日本消化器がん検診学会の総会、大会、部会研究会、地方会のうちいずれか1回以上参加していること。
  • 過去3年間の胃部撮影症例数
     間接 : 1年間で1,500例以上。3年間で4,500例以上
     直接 : 1年間で300例以上。3年間で900例以上

認定更新について
  • 継続して、日本消化器がん検診学会の正会員または支部会員であり年会費を完納していること。
  • 過去5年間に日本消化器がん検診学会の総会、大会、部会研究会、のうちいずれか1回以上参加していること。
  • 過去5年間で、30単位を取得していること。
     この内撮影症例は、5~15単位。残り15~25単位は、学会参加等

【注意】
  • 年度会費を10月末日まで未納の場合、更新書類が送られてきません。
  • 5年ごとの更新を怠ると資格は喪失します。(2年の更新猶予申請が可能)

胃がん専門技師名簿
社団法人 日本消化器がん検診学会 本部ホームページを参照ください


▲TOP

Copyright (c) 2017 日本消化器がん検診学会 近畿支部 All Rights Reserved.