トップページ ≫ 近畿支部 会則
[適用]
第1条 この会則は公益社団法人日本消化器がん検診学会(以下「本学会」)の定款第3条に定める近畿支部(以下「支部」)の運営に関して必要な事項を定める。
[運用]
第2条 支部は、本学会の設立趣旨に則り、近畿における会員の教育・研修の促進を図り、広く社会に貢献することを目的とする。
[事業]
第3条 支部はその会則第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
  • 年度毎の支部主催学術集会(近畿地方会:以下「地方会」)の開催。
  • 支部会員を対象とした研修会の開催
  • その他、支部の目的達成に必要な事業
[支部会員]
第4条 支部の会員は定款第6条により本学会に登録された名誉会長・功労会員・正会員・一般会員A・一般会員Bとする。
本学会を大会することにより、支部会員の資格を失う。
[支部役員]
第5条 支部には、次の役員をおく。
1.支部長 1名
2.顧問 数名
3.監事 1~2名
4.幹事 若干名
[代議員]
第6条 支部代議員は、本学会の代議員であって、本支部に所属する者とする。
[運営組織]
第7条
  • 支部は、支援活動に必要な幹事会を作る。
  • 幹事会は、支部長1名、支部の役員で構成する。
  • 幹事会の議長は、支部長がこれに当る。
  • 支部長は支部運営に関わる諸事項を審議し、事業遂行の役割を分担する。
[支部役員選出]
第8条
  • 支部の役員は支部幹事会で選任する。
  • 支部代議員は支部役員を兼務する。
[事務局]
第9条
  • 支部やその運営の為に支部事務局をおく。
  • 支部事務局は支部長の指定する施設におくことができる。
[支部の運営経費]
第10条 支部事務局の運営経費は次のものとする。
  • 本学会からの助成金
  • 地方会・研修会などの参加費
  • その他
[会計年度]
第11条 支部の会計年度および事業年度は本学会と同じく、毎年4月1日に始まり翌年3月末日までとする。
[学術集会]
第12条
  • 支部が開催する地方会には、企画運営の責任者として地方会会長をおく。
  • 地方会会長は、支部幹事会で選任する。
  • 地方会会長は、収支予算・決算書を支部長に指定期日迄に提出し、本部へ報告しなければならない。
  • 本学会の会員は、地方会にて学術発表することができる。
[教育研修他]
第13条
  • 支部は、医師研修会・放射線研修会・超音波研修会・保健衛生研修会を開催する。
  • 支部は、これら研修会を開催するため、放射線研修委員会・超音波研修委員会・保健衛生研修委員会をつくる。
  • 各研修委員会は、委員長1名・会計担当者1名・委員若干名で構成する。
  • 各研修委員会の委員長・会計担当者・委員は、支部幹事会で選任する。
  • 各研修委員会の会計担当者は、収支予算・決算書を支部長に指定期日迄に提出し、本部へ報告しなければならない。
附則 この会則は、平成25年4月1日から施行する。

Copyright (c) 2017 日本消化器がん検診学会 近畿支部 All Rights Reserved.